伝心・一本義 15件の商品

一本義久保本店は、日本海に面する北陸、福井県。その北東に位置する奥越前勝山にあります。
初代より、農業を中心として林業・生糸業・機業などで生計を立てていた久保家でしたが、明治35年、五代目当主が酒造業を興しました。
当初の酒銘は「澤乃井」。その後、勝山藩小笠原家の御用酒銘であった「一本義」を譲り受けることになりました。
一本義は、以来百有余年に亘り、福井の食生活の中で育まれました。平成に入り「一本義」とは別に、新たな限定流通ブランド「伝心」を立ち上げました。
地元の契約栽培農家と共に「酒造りは米づくりから、米づくりは土壌作りから」を合言葉とし、五百万石・山田錦・越の雫という三種類の酒米を育て、酒を醸しています。

社名:株式会社一本義久保本店
創業:明治35年(1902年)
住所:福井県勝山市沢町一丁目3-1
公式HP:http://www.ippongi.co.jp/