庭のうぐいす 2件の商品

福岡県南部を流れる九州一の大河・筑後川は、古くより地域に恵みを与え、文化を育み、人々を見つめてきました。その大量で清らかな水は良質な米を育て、筑後地方は、後に日本三大酒処といわれる程、多くの酒造場を世に送り出してきました。「庭のうぐいす」の故郷は、そんな筑後地方の北部に位置しています。
山口家6代目当主山口利助が、天保3年(1832年)酒造業を開始しました。
平成3年の二度の台風により壊滅的な打撃を受け、「ほぼすべての蔵を建替える必要があった」ほどに被害を受けました。酒蔵移転を考え、山間部に土地の確保までしましたが、やはり、江戸時代から慣れ親しんだ「水」と「空気」には代えることができるはずもなく、結局移転を断念、これを機に造りを大幅に小型化し、原料である米と水そして造り手の特徴が出やすい造りにかえました。
福岡・糸島産の山田錦、筑後産のレイホウを主に使用し、水は筑後川の伏流水を濾過せず、そのまま仕込みに使います。
杜氏をはじめ蔵男・社員一同、皆様に喜んでいただける酒つくりを目指し、九州のすばらしい気候風土を酒を通して表現していきたいと思っております。

社名:合名会社 山口酒造場
創業:天保3年(1832年)
住所:福岡県久留米市北野町今山534番地1
公式HP:https://niwanouguisu.com/